いとう眼科ヘッダ
  • プライバシーポリシー
  • TOP(標準)>TOP(大きい)>一般診療(大きい)

    トピックス

    一般眼科について

    日常生活での”見えにくさ”は、いろいろな原因で起こります。”目の病気を治す”、”眼鏡、コンタクトレンズの度数を調整する”、”見えやすい環境を整える”などの解決法は、様々です。

    手術が必要となる場合は、ご本人様の目の状況(特殊な治療が必要かどうか)、または全身の状況(お体のご病気がないか、あるいはご移動が可能か)など様々な条件をご相談させて頂き、適切な病院へご紹介させて頂きます。手術後は、再度当院にてフォローアップいたします。

    小児眼科について

    赤ちゃんは、生まれてからいろいろな物を見ることにより、目の機能が発達し、7~8才頃に完成します。7~8才頃までの視機能の発達期間に何らかの原因で見えにくい時期があると、見えにくい方の目の発達は止まってしまいます。この7~8才までの視力の発達する期間にできるだけ早く原因を探し、適切な治療を開始しなければ効果が期待できません。

    同様に、お子さんの目の位置の異常も、視力発達の妨げの原因にもなりますので、お早めにご相談ください。

       小児眼科図

    当院では、通常の検査機器以外に小児用の視力表や様々な検査機器をご用意しております。しかしながら、お子様は集中力が保ちにくく、気分によっては検査が上手に進まないことがあります。何回かご来院頂くようなことも、また目薬を使用して視力検査を行うようなこともありますので、ご了承下さい。

    視力の発達過程

    生後1ヶ月 目の前の動くものがぼんやり見える
    生後3ヶ月 目の前の動くものがはっきり見える
    生後6ヶ月 この頃から3才までの間に急成長する
    1才 窓から遠くのものが見えるようになる
    3才 約6割の子どもが視力1.0~1.2になる
    6才 ほとんどの子どもが視力1.0~1.2になる

    ご家庭でできる目の健康チェック(3才未満)

    3才未満のお子さんで次のような症状があったら、早めの受診をお薦めします。

    ①目を細める。

    ②片目をかくすと嫌がる。

    ③より目になる。目が横にずれる。

    ④目がゆれる。

    ⑤目やに、涙が出る。

    ⑥目の大きさ、形がおかしい。

    ⑦まぶしがる。

    ⑧ひとみが白く見える。

       小児眼科図2

    ご家庭でできる目の健康チェック(3才前後)

    日常生活の中で、3才前後のお子さんが次のような様子を見せたら、一度検診を受けられることをお薦めします。

    ①物を見るときに極端に近づいて見る。

    ②目を細める。

    ③上目使いで見る。

    ④絵本を見たり、童話を読むのが嫌い。読んでも根気が無く飽きやすい。

    ⑤片目をつぶって見る。

    ⑥斜視がある。

    ⑦暗い場所から明るい場所へ出ると、まぶしそうに目を細めてみる。

    ⑧あごを上げて見る。

    ⑨頭を傾けて見る。

       小児眼科図3

    アレルゲン検査について

    目のかゆみ、鼻炎、じんましん、ぜんそく症状などのアレルギー症状を引き起こす原因となる物質をアレルゲンといいいます。

    皆様からのご要望におこたえし、隣接する竜王ペインクリニックさんと連携して、アレルゲンの検査を行うことができるようになりました。

       アレルギー・ネコ

    特に検査したい物質が無ければ、スギ、ヒノキ 、ブタクサ、ハウスダスト、コナヒョウダニ、ネコ皮屑(ひせつ)、イヌ皮屑(ひせつ)、ソバ、小麦、 ピーナッツ、卵白など アレルゲンとなりやすい物質に対する33項目のセット検査(MAST33)が採血量0.5mlで可能です。

    この33項目に思い当たる物質が無い場合は、別途検査可能ですので、当クリニックにご相談下さい。

       アレルギー・女の子

    セット検査項目(MAST33)

    食物アレルゲン 花粉アレルゲン 環境アレルゲン その他アレルゲン
    キウイ オオアワガエリ コナヒョウダニ カンジダ
    バナナ 海老 カモガヤ ハウスダストⅠ アルテナリア
    ゴマ カニ ブタクサ混合物Ⅰ ネコ皮屑 ラテックス
    ソバ ミルク ヨモギ イヌ皮屑  
    小麦 豚肉 スギ    
    ピーナッツ 牛肉 ヒノキ    
    大豆 鶏肉 ハンノキ    
    オボムコイド      
    マグロ 卵白      
     

    ページ最上部へ